きなクラス【留学生ミョヌリのコリアライフ】

結婚・進学を機に韓国へ移住しました。移住に向けた準備や、大学院、韓国生活について発信します。

新年早々、熱が出た。症状や韓国でのPCR検査、結果が来るまでの時間など。

新年あけましておめでとうございます。

 

ブログもマイペースにがんばります。

今年もよろしくお願いします。

 

さて題名の通り、新年早々発熱してブログをお休みしてしまいました(いつもと更新間隔が変わらない)

 

熱が出るだけで一大事。この数日間のことを記録してみたいと思います。 

1日目:乗ったバスに感染者(1回目のPCR検査)

 症状:なし

年末のある日、大学からメールが来ました。

大学へ向かうマウルバスの関係者で感染者とのことで、バス利用した人は検査を受けるようにとのことでした。もう冬休みに入っているし、関係ないかなと思いながら日付を見ると、ええ。そうなんです。

www.kina0131.com

前回書いたように、配属予定の研究室にご挨拶に行く予定がありました。検査対象のバス利用日付をよく見ると見事に挨拶に行った日が入ってる。帰りは大学のシャトルバスを利用したので、行きのほんの20分程度。なんてこと。

 

すぐさま旦那に連絡し、旦那も(私の)接触者なので強制早退。一緒に近くの検査場へ行きました。

임시선별검사소(臨時選別検査所)

韓国では今、임시선별검사소(臨時選別検査所)という、電話番号だけでPCRができる検査所(無料)があります(現時点で、1月17日まで行っています)。

f:id:yur_131:20210103235818j:image

 

こんな風に、駅の一部にテントが張り巡らされていて、検査場になっています。

並んでいると、最初の係の方が消毒液を手にかけてくれ、ビニール手袋を渡してくれます。そして次の係の方に、性別、年齢、電話番号、症状の有無を伝えて紙をもらいます。


f:id:yur_131:20210103235815j:image

電話番号のチェックを受けて、順番が来たらブースに進みます。紙を渡して、あとは鼻グリグリです。一時検査所は、匿名でできるので身分証の提示もありませんでした。結構な人が並んでいました。

 

www.kina0131.com

 

この時点では、風邪の症状も何もなく、バスに乗ったから受けておこうくらいの気持ちでした。それでも多くの人が並んでいて、こうして検査のために働いてくれている方々に頭が下がる思いでした。検査を受けた後は、家に帰るまでコンビニ、マート等寄り道禁止なので、まっすぐ家に帰ってチキンをペダルして食べました。笑

 

そして、毎晩行っている体温チェックをしてから寝ました。 

2日目:なんだかおかしい(2回目のPCR検査)

症状:熱、寒気、頭痛、体の痛み、息苦しさ

6:00  発熱

寝ぼけながらも熱が出たのが分かりました。身体中が痛くて重い。咳はあまり出ないけど息が苦しい。この時点で37.4。やっぱり熱かあ・・・でまた目を閉じる。

8:00 旦那も発熱

とにかく寒い。旦那が電気毛布を最大にしてくれるが、なんだか旦那の様子がおかしい。旦那も熱を測ってみると38.2。私38.7。2人して熱が出ていることに気づく。

PCR検査1回目の結果

カカオトークで連絡が来ました。結果は陰性

検査が前日の午後2時頃、結果は次の日の朝9時頃でした。

f:id:yur_131:20210106171211j:image

 

 9:30 苦しくなって起きる

陰性とのことで安心したものの寝付けなくなり、常備してあった冷えピタを貼る。症状が出てしまったからまだコロナの可能性もあるのか、病院に行っていいものかない頭で考える。この時から私が39度を超える。深く息をするものなら咳が出る。でもNAVERで検索をし続ける。笑 とにかくまずは問い合わせだそう。

保健所に電話

 息苦しさが恐怖に変わり、私の住んでいる市であるプチョン市の保健所に電話しました。昨日からの事情を説明したところ、もう一度検査をしてくださいとのことでした。

선별진료소(選別診療所)

症状があるので선별진료소(選別診療所)での検査を勧められ、自家用車で向かい、検査を受けました。Naverマップで検索すると、地域にあるいくつかの診療所が出てきます。 基本的な検査の流れは一緒ですが、ここでは名前も住所も書き、身分証の提示もありました。

検査は高熱のため痛みを感じる余裕なし。

 

この帰り道に義両親へ電話。自宅隔離状態なので薬局にも行けず。薬をお願いしました。この時ばかりは近くに住んでいると助かるってこういうことなのかと感じました。笑

 

17:00 ひたすら眠る

検査から帰り、おかゆを食べてひたすら眠りました。起きると私も旦那も37度台。このまま下がると思ってた。

 

いつの間にか就寝。 

3日目:夜中が怖い(病院受診)

症状:熱、頭痛、体の痛み、息苦しさ 

PCR検査2回目の結果

私も旦那も覚悟を決めて連絡を待ちました。午前11時頃に検査を受けて、結果は朝6時に来ました。見るとまたもや陰性。一体私たちのこの症状はなんだろう。また眠る。

f:id:yur_131:20210106171222j:image

 

8:00 振り出しに戻る

一晩中、暑い、寒いを繰り返しながら寝た結果、朝になると私が37.8の旦那が38.0。また熱が上がっている・・・。コロナじゃないとなれば、インフル?いろいろ思いながらも薬を飲んでまた眠りました。

9:30 診察を受ける

近くの病院に電話して、これまでの症状と陰性だったことを伝えて診察が可能か聞きました。1件目はバスの件でまだコロナの可能性があるとのことで断られましたが、2件目は大丈夫でした。診察では、まだコロナの可能性もゼロではないこと、でも夫婦同時、似た症状が続いてるところからはインフルの可能性も高いということを言われました。3日間服用しても熱が下がらないようなら、もう一度コロナ検査を、とのことでした。

4、5日目:引きこもり

症状:微熱、時々頭痛

とにかく引きこもりました。食べて薬飲んで寝ての繰り返しでした。

陰性なので隔離対象ではないですが、なるべく外には出ず、義両親からのペダルと冷凍食品で過ごしました。熱は薬を飲んだ後は平熱、しばらくすると37度台になって…の繰り返し。もやもやする2日間でした。

 

6日目:これで最後にしたい。(3回目のPCR検査)

症状:微熱、時々頭痛

微熱が続いていたので、先ほどの선별진료소(選別診療所)で検査を受けました。 前回よりも事情を詳しく聞かれたように思います。検査を受けてからはまた自宅隔離でした。

午後には熱もほとんどなかったので、久々に家の掃除したりして過ごしました。

 

7日目:もう一週間か。

症状:旦那のみ熱、全身の痛み

PCR検査3回目の結果

前日の昼12時頃に受け、朝の9時30分に結果が届きました。 今回は、カカオトークとSMS両方で通知が来ました。

f:id:yur_131:20210106171341j:image

 

前日の朝に処方薬を飲み切りました。私は熱が上がることなく過ごしていたのですが、旦那はまた明け方に38.5の熱・・・。またもや病院へ行きました。今度は5日分の処方を受けて様子を見ることにします。ここまで夫婦でほぼ症状(熱の上がり下がりの具合)が一緒だったのも、不思議です。旦那、がんばれ!

 

まとめ

今回の熱を通した(笑)私の教訓です。

発熱した時に相談できる電話番号を調べておく

おそらくどこの市の保健所のHPにも載っているので、スクショをしておくと気持ちが楽です。疫病管理本部のコールセンターは1339になりますが、ざっくりとした案内になるので自治体のコールセンターに直接電話するのが早いです(検査場の案内とかしてくれる)。

f:id:yur_131:20210106171152j:image

近所の病院(内科)をリストアップしておく。

韓国に来てまだ内科にかかったことがなく、家の近くで行ける&発熱対応の病院がすぐには分かりませんでした。

Naverマップで調べれば出てくるのですが、熱の中調べるのは苦しかったです(笑)事前に知っていたらよかった。

 

常備薬を揃えておく。

我が家に限ってかもしれませんが常備薬に解熱剤がなく、夜中とても焦りました。症状がないうちから、備えておこうと思います。体温計、冷えピタ、保冷剤などすぐに使える状況にしておかなきゃなと実感しました。

 

という訳で、我が家の2021年の本当のスタートはまだこれからになりそうです。

 

それにしても、すぐにコロナの検査が受けられて次の日には結果が分かるというシステムは本当に有り難かったです。患者側にしても看病する側にしても、陰性だと分かっているのとコロナかもしれないという恐怖の中にいるのでは全く違いました。韓国にいるからこそ、このスピードで検査が受けられたと思います。

しかも、どの検査所も野外なんです。本格的に寒くなってきている中、こうして検査のために働いてくださっている方々には本当に感謝しかないです。ありがとうございます。

 

皆様もお身体にお気をつけください。

 

一に健康、二に健康!!!

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ